手術室で働く看護師と子育て看護師の復帰について

看護師の業務は、内科と外科で大きく分類できます。外科と内科の違いというのは、ざっくりと言うと切って治療をするかどうかになります。内科の場合は切らずに治療ということになりますので、やくぶつによる治療が一般的です。一方、外科の治療で欠かせないのが手術です。

そんため、外科の看護師は、病院において非常に重要な存在です。外科の看護師の中でも、手術に携わる看護師のことを、手術看護師とかオペ看護師とも言われています。最近では刺激的な医療現場を扱うテレビドラマにも良く出てくるので、ご存じの方は多いかと思います。

なお、手術については当然ながら、オペ室看護師が直接手術をするわけではありません。医療行為は行うことができませんので当然ですね。オペ看護師の役割は、外科ドクターの補助になります。

そうそう、私の友人の看護師が都市部で看護師求人を探していました。希望としては、外科の看護師の求人を探していたようですが、転職サイトを利用して無事に求人をみつけ転職に成功したようです。

ドクターがスムーズに外科手術を行うには、オペ看護師のサポートが不可欠で、看護師の質によって手術の成功が左右されるほどの重要な存在です。オペ室は緊張に包まれていることが多く、普段は温厚な先生でもピリピリとした雰囲気に包まれており、医師が次に何をしようとしているのかといった呼吸を読み取ることも必要とされます。